意思決定

マーケティング

マーケターとして施策を提案するときの3つの心得

企業にとっての意思決定者は組織全体の一部にすぎず、その社員の大半は下の立場から組織と向き合っている。 では、マーケターとして下の立場に属している場合、下の立場から提案を上手く通す方法について3つのステップで解説します。
データ分析

データ分析とマーケティングがビジネスの現場で重宝される理由

感、経験、度胸と呼ばれているKKDは新しい仕事を始めるのに判断する時 意思決定を行う際にその道のプロ、長年働いている経験者が決めることで その成功率を上げることができる。しかしメリットばかりではなくデメリットもある。 今回はデータ分析とマーケティングの必要性の観点からKKDについて触れてみる
データ分析

マーケティングにデータ分析を取り入れるのが推奨される話

マーケティングとは、ユーザーニーズ、市場調査から始めるマーケットインや、企業や個人が作りたい製品を作る、プロダクトアウトがありますが、やはり限界があります。マーケティング自体の定義が人それぞれ違うように、正解はありません。 しかし、データ分析を取り入れることにより、失敗する確率を下げる効果があると考えます。
データ分析

データ分析とは、組織革命である

分析手法を用いて資料作成をするのは、データ分析の一部であり、データ分析のプロセスの一つにしか過ぎない。もっと言うとマーケティングの中の手法の一つとしてデータ分析があると理解するべきだ。その裏側には組織の上層部、すなわち意思決定者にどうやってデータ分析の結果の施策や提案を通すかが重要なのである。 裏を返すと、組織の上層部へ説得と組織改革が成功すれば、それは真のデータ分析と言える。データ分析を用いた意思決定が組織の一部として本来のマーケティングが機能することで、初めてデータ分析ができたと言えるだろう。
タイトルとURLをコピーしました