SEO対策 まとめ 【検索結果の順位を上げる方法】

Googleキーワードプランナー
この記事は約4分で読めます。

SEO対策と言っても手法は様々で、検索結果に反映されるまで一定の期間がかかります。
効果測定をしつつ、コンテンツの改善をしていきましょう。
下記のステップをチェック、対応することで検索結果の上位に表示されるようにします。

SEO対策まとめ

検索エンジンとは

検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96

検索エンジンで一番有名でシェアが高いのはGoogleです、Yahoo!は次いで二番目のシェアですが
内部のアルゴリズムはGoogleのものを利用しています。
一般的にSEO対策する際はGoogleで表示順位が上位に表示されればSEO対策できたと思って良いです。

では、Googleの検索エンジンで上位に表示されるようにするにはどうすればいいでしょうか。
Googleはユーザーのためになるコンテンツを望んでいます。
専門性があり、ユニークであること、そして事実に基づいていること優良なコンテンツを公開しているウェブページは検索上位に表示されやすいです。

キーワード選定について

目的キーワードの分析

検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することである。
例えば、製品やサービスを比較しながら探す場合、検索ボックスには製品の固有名詞ではなく一般名称が、特定製品の機能名ではなく一般的な機能名が打ち込まれる傾向にある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96

キーワード選定のおすすめのツール

おすすめツールRankTracker
http://www.ranktracker.jp/

Googleトレンド
https://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
https://www.related-keywords.com/

使いやすいキーワード選定ツールを利用して、記事やコンテンツのアイディアを得ましょう。
いくつかのキーワードが決まったら、マインドマップにまとめるのがおすすめです。
思考が整理され、よりアイディアが生まれるようになります。

マインドマップの作成

マインドマップとは、トニー・ブザンが提唱する、思考の表現方法である。頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。 ブザン・オーガナイゼーション・リミテッド社が商標登録している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97

キーワード選定ツールで表示するとたくさんのキーワードが表示され、混乱してしまうケースがある。その場合はいったんテキストに貼り付けておいて、マインドマップを作成し思考の整理をするのがおすすめです。

ホーム: 無料で使えるマインドマップ ソフト | XMind

こちらの画像はSEOというキーワードから派生したマインドマップの一例です。

マインドマップはベースとなるキーワードからグループを作成し、
そのグループに関連するコンテンツを作成する気づきを得たり、新たなアイディアが生まれたり
メリットが高いです。
インプットをした後に思考が混乱してしまった場合は一度、マインドマップを作成してみましょう。

チェックリスト

SEO対策する上で効果があるとされているものの一覧です。

・SERP(検索結果ページ)
・信頼性
・タイトル、メタ ディスクリプション
・関連キーワード
・リッチスニペット
・ページ最適化
・SSLの有効化
・コンテンツの拡散

2020年4月時点でのSEO対策まとめはこちらを参考ください。

タイトルとURLをコピーしました