SEO キーワード選定 活用編 Google キーワードプランナー活用法

SEO
この記事は約2分で読めます。

この記事では、SEOキーワード選定の活用編です。
Google キーワードプランナーの活用方法、実用例について解説します。
関連性の高いキーワード、月間平均検索ボリューム、競合性、広告費用がわかります。

Googleキーワードプランナー活用法

狙うキーワードの単価を知る

ページ上部に掲載された広告の項目の金額では、キーワード候補に対した広告費の目安が表示されている。「SEO キーワード」は232円、「SEO 格安」は370円

狙うキーワードの検索数を知る

月間平均検索ボリュームでは、キーワード候補ごとの検索ボリュームが表示されている。
検索ボリュームが高い物を選択すると良い。

選定したキーワードの記事で上位をとった場合の収益計算

・キーワードの単価
・キーワードの検索数

感覚として単価 x 検索数が記事で上位をとった場合のページの価値と考えて良い。

選定したキーワードをサイトのコンテンツに組み込む

Googleキーワードプランナーでキーワードを選択したら、記事のタイトル、見出しタグ、メタ ディスクリプションに組み込んでいく。

人気のあるキーワードは広告費が高くなる性質をうまく利用し、
広告費が高いキーワード、検索ボリュームが高い、競合性が高いキーワードを選定する
選定したキーワードで検索結果の上位に表示されると、より効果的、効率的にアクセス数が獲得できる。

タイトルとURLをコピーしました