SEO キーワード選定 初級編 おすすめツールの紹介

SEO
この記事は約2分で読めます。

SEO対策としておすすめの手法、キーワード選定について解説します。
是非利用したいツールについてご紹介します。
Googleキーワードプランナー、relatedKeywords

SEOおすすめツールの紹介

キーワード、サジェスト表示ツール

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール(仮名・β版))
無料で使えるキーワードリサーチツール。一瞬でキーワードリサーチに必要な情報を収集してくれる、コンテンツ制作者のためのツールです。読者、視聴者が求める情報を把握してより良いコンテンツ作りを目指しましょう!

検索キーワードを入力し、取得開始ボタンを押すとそのキーワードに沿った内容が出力されます。
・Googleサジェスト
・50音順
・アルファベット順
・全キーワードリスト

入力したキーワード + ○○が一覧で表示されるので、関連するキーワードの選択に役立ちます。
これらキーワードを利用して、記事作成のヒントに活用します。

Googleキーワードプランナー


※2020/03/10現在

リサーチツールを使って適切なキーワードを選びましょう | Google 広告
キーワード プランナーを使って、Google 広告キャンペーンで使用する適切なキーワードを選びましょう。

検索したキーワードの一覧情報や、キーワード候補をcsvファイル形式でダウンロードすることもできる。

以上ツールから取得できたキーワードを参考に、キーワードを選定し、自然にページの文章に組み込むと効果的。
組み込む場所に望ましいのは下記の通り。

1.タイトル
2.H2見出し
3.メタ ディスクリプション

SEO、キーワードを入力するのに望ましい場所

タイトル

まずは言わずもがな、タイトルです。
今回は、「SEO」、「キーワード」を狙っています。

H2見出し

こちらは、見出しタグに入れ込む方法です。これも効果があります。
こちらも「SEO」、「キーワード」を狙っています。

メタ ディスクリプション

次は、メタ ディスクリプションの項目です、wordpressを利用するとプラグインが豊富に揃っているのでとても設定が簡単にできます。
All in One SEO Packがおすすめです。

以上、いかがでしたか。
・キーワード選定のツールを活用する。
・出力されたキーワード一覧からいくつか選択し、コンテンツに組み込む。
・組み込む場所は、タイトル、見出し、メタ ディスクリプション

これらを意識して、SEO上位を狙いましょう。

タイトルとURLをコピーしました