【PancakeSwap】パンケーキスワップの始め方を解説【仮想通貨】

仮想通貨
この記事は約6分で読めます。

PancakeSwapとは、CoincheckやbitFlyerのような取引所とは異なりDeFiプロトコルを利用したDEX(分散取引所)です。
MetaMaskにアカウントを作成する方法から実際にPancakeSwapで取引するまで解説します。

PancakeSwap
Cheaper and faster than Uniswap? Discover PancakeSwap, the leading DEX on Binance Smart Chain (BSC) with the best farms in DeFi and a lottery for CAKE.

MetaMaskをインストールする

MetaMask Download
A crypto wallet & gateway to blockchain apps

MetaMaskはChromeで利用する場合とモバイルユーザーの場合はiOS、Android用のアプリがありますのでそちらを利用します。

Chromeで利用する場合は拡張機能のインストールが必要になります。

Chromeに追加をクリック

ポップアップウィンドウが開くので「拡張機能を追加」を選択

MetaMaskのウォレットを作成する

拡張機能が追加されるとタブが開きます。ので始めるを選択します

ウォレットを持っている場合はインポートを選択、持っていない場合は作成を行います。

品質向上のために使用状況データを送信するかどうか聞かれます。

送信したくない場合はやめておくを選択しましょう。

パスワードの作成が必要ですのでパスワードを作成します。

複雑なパスワードが良いですが忘れないようにしましょう

アカウントのバックアップのために、シードフレーズを作成し保存します。

この情報が漏れた場合アカウントが乗っ取られる危険性がありますので紙や、パスワードマネージャーで保管しましょう。

MetamaskをBSC(バイナンススマートチェーン)ネットワークに接続する

これでアカウントが作成されました。デフォルトのネットワークはイーサリアムとなっていますので
ここにBSC(バイナンススマートチェーン)を追加します。

設定情報はこちらに記載されています。

メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法 | Binance Academy
イーサリウムの最も有名なウォレットであるメタマスクを簡単な手順でバイナンススマートチェーンをサポートするようにしましょう。この記事では、その手順を説明します。

コピペ用

メインネット(大半の人はこちらしか使うことはないと思います。)
ネットワーク名 Smart Chain

新しいRPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/

チェーンID 56

シンボル BNB

ブロックエクスプローラーURL https://bscscan.com

これでBSC(バイナンススマートチェーン)での取引ができるようになりました。

国内の取引所からBinanceにイーサリアムを送金する

ウォレットに送金するためには一旦Binanceを経由する必要があります。

まずはCoincheckやbitFlyerなど国内取引所からイーサリアムを購入し
Binanceへ送金しましょう。
この例ではイーサリアムにしていますが送金が早く手数料が安いものが良いです。

BinanceでBNBを購入する

Binanceに入金が完了したら、BNBを購入します。

これでMetaMaskのウォレットに送金出来るようになりましたので送金します。

BinanceからMetamaskにBNBを送金する

通貨を「BNB」にします。アドレスはMetaMaskのウォレットのアドレスを入力します。
ネットワークは必ず「BEP20(BSC)」を指定しましょう。

MetamaskをPancakeswapに接続する

続いて、Pancakeswapに接続します。

右上のConnectを選択し、MetaMaskを選択します

Pancakeswapでトークンをswapする

左のメニューTrade、Exchange

検索窓にコンストラクトアドレスを入力あるいはリストから選択し交換します。

売却する場合は↓を押して上下の通貨を変更しましょう。通貨=>BNBの方向になるようにします。

Slippage toleranceについて

取引量の少ない通貨と交換する際にスリッページが発生する場合があります。
これは一度に大量の通貨の取引が行われると市場価格への影響が大きいためエラーとなります。
その閾値を変更することができます。

デフォルトでは0.8%となっています。(場合によっては10%から30%影響が出ることも・・・)

トークンを検索するのに便利なツール

swap系に公開されている通貨はどれも信用できるものではありません。

購入しても売れないラグプルや、逃亡など重大なリスクが潜んでいます。

それらを見極めるにはある程度経験が必要ですが、わかりやすいものもあります。

便利なツールを紹介します。

BscScan

まずは、BscScanです。コントラクトアドレスを入力することで詳細を閲覧することができます。

Binance (BNB) Blockchain Explorer
BscScan allows you to explore and search the Binance blockchain for transactions, addresses, tokens, prices and other activities taking place on Binance (BNB)

PooCoinCharts

名前はふざけていますが、コントラクトアドレスごとにチャート、販売履歴を見ることができます。

通貨名での検索も可能になっています。

https://poocoin.app/

例えばDiamond Gem(DGEM)は購入だけでき、売ることができないスキャムコインです。

その後売れるようになり作成者が逃亡しました。要注意通貨の一つです。

https://poocoin.app/tokens/0x4ff8c36c28507afc32b65ffe020b4a25371fbb8e

TokenSniffer

続いてTokenSnifferです。

Token Sniffer

・Trending Tokens

・Newest Tokens

・Latest Scams & Hacks

を見ることができます。中でもNewest Tokensは最近追加されたトークンの一覧を見ることができ

この中から有望そうなトークンを見つけ先行投資することができます。

Latest Scams & Hacksは残念ながら悪意のあるトークンの一覧です。

これらを購入してしまった場合は残念ながら貴方のお金は戻ってきません。勉強代と思い諦めましょう。

まとめ

この記事ではMetaMaskのウォレットの作成方法からPancakeSwapの使い方まで解説しました。
通称「魔界」と呼ばれる新規仮想通貨では信用できない通貨がはびこっていますが
運良く伸びる通貨を先行投資できれば10倍100倍といった利益を得ることができます。

タイトルとURLをコピーしました