【MetaMask】メタマスクの使い方を解説【仮想通貨】

仮想通貨
この記事は約2分で読めます。

「ウォレットを開設したい」

「スワップをやってみたい」

「持っている仮想通貨を預けたい」

仮想通貨を取引しているとウォレットを持っていると便利です。
MetaMaskはウォレットとして仮想通貨を保管するだけではなく、PancakeSwapと連携し他の通貨との交換を行ったり、DApps分散型アプリケーションなどと連携することができます。

MetaMaskとは

MetaMaskはPC、スマートフォンで利用でき、Chromeの拡張機能、iOSアプリ、Androidアプリが用意されています。デスクトップウォレット、モバイルウォレットの2つのタイプに対応しています。
必要に応じてインストールできます。

また、MetaMaskでは上述のとおり、イーサリアムブロックチェーンやBSC(バイナンススマートチェーン)などで開発された通貨の交換をすることができ、ウォレットとして利用する他、仮想通貨の交換の用途で利用される方が大勢います。

MetaMaskのインストール

Chrome

MetaMask
Ethereumウォレットのブラウザ・エクステンション

Chromeで利用する場合は上記にアクセスし、Chromeに追加をクリックして拡張機能をインストールします。

拡張機能がインストールされると、新しいタブが開きMetaMaskを始めることができます。
ウォレットを新規で作成するか、既存のウォレットをインポートして利用します。

シードフレーズはとても大切なデータなので必ずバックアップしましょう。
紙に書き出すか、パスワードマネージャーなど他の人の目に触れないように保管するのが良いです。

まとめ

MetaMaskのインストール方法やウォレットの作成方法について解説しました。
MetaMaskを活用してトークンの保管、通貨の交換が行えます。

アカウントのパスフレーズや秘密鍵は十分に保管し、所持していた仮想通貨を紛失しないように
気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました