【マーケティング】ZOZOから学ぶダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティング
この記事は約2分で読めます。

ダイレクトマーケティングとは、テレビ、新聞、雑誌、広告などマスメディアを利用したセールスに重視したマーケティング手法のこと。

今回は、ZOZOTOWNの事例を元にダイレクトマーケティング学びましょう。

顧客をパーソナライズする

ZOZOTOWNのセールスの強みは何と言ってもそのセグメント量の多さである。
顧客を140種類のセグメントに分類し、1時間ごとに適切なセグメントに対して適切な内容のメールマガジンを送信している。

従来のマスメディアはコストが高くつき、特に広告やテレビは顕著である。
顧客のメールアドレスに対して送るメールの場合はコストを大幅に削減することができ
効率的に顧客にセールスをすることができる。

メールマーケティング

ZOZOTOWNのメールマガジンは顧客に合わせて内容を変更している。
個人個人でパーソナライズされ表示される内容が異なる。

下記のタイムセールについての内容を送信する場合は、表示される商品をカスタマイズして送信している。

具体的には顧客が最近お気に入り登録した商品とか、複数回観た商品など
顧客が好みのブランドが優先して選ばれて一人一人独自のメールマガジンとして送信されている。

機械学習のモデルベースでの選出方法は利用しておらず、独自の選定ルールに基づいて
メールマガジンの内容をカスタマイズしている。

引用元: ZOZOTOWNのメールマガジンの仕組みについて

ユーザーの購入履歴、お気に入り情報、複数回観ている、好きなブランドなど
顧客に合わせたメールマガジンを配信することで、売上がおよそ8倍を達成するなど
貢献している。

ぜひパーソナライズ化したメールマガジンの配信を検討してみてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました