データ分析とマーケティングがビジネスの現場で重宝される理由

データ分析
この記事は約3分で読めます。

感、経験、度胸と呼ばれているKKDは新しい仕事を始めるのに判断する時
意思決定を行う際にその道のプロ、長年働いている経験者が決めることで
その成功率を上げることができる。しかしメリットばかりではなくデメリットもある。
今回はデータ分析とマーケティングの必要性の観点からKKDについて触れてみる

KKDのメリット

かつてのKKDでは特定の人物によって意思決定がされ、施策が実行される
感覚が優れていてビジネスの嗅覚が素晴らしいタイプの人間
創業当初からの従業員で業務に精通していて業界に詳しいタイプの人間
または経営者自らが判断下すことがスタンダードである。

KKDのデメリット

そのように感覚が優れていて才覚のある人物が意思決定を行うのは理にかなっていることである。
しかしながら、属人化してしまうというデメリットを抱えている。

社内の人間で特定の人物のみが判断し、属人化していくということは
担当者が不在となってしまった時に大打撃を受ける。
マニュアル化がしづらい分野なのである。
日常から意識的に形式化しておくことによって、後任の社員が担当した時に前任の成功率を引き継ぐことができる。

かつてのKKDにデータ分析を取り入れる

そこで考えられるのが、データ分析である。
感、経験、度胸に加えて仮説、検証、データ分析を取り入れる
データ分析の手法はアルゴリズムが決まっているので形式化しやすい。

社内で蓄積されたデータを活用し様々な手法に取り組み
施策を実行していくことでマニュアル化していくことが可能になる。

実行した施策、行った分析手法、効果測定の情報をノウハウとして溜めていくことが望ましい。


何事も成功することもあれば失敗することもある。
成功した時にどの要因が成功に関与したのか、逆に失敗した際も効果検証を十分に行い何がダメだったのか、知見を溜めていく。

データ分析人材がいない場合は

社内にデータ分析ができる人がいない、という問題を抱えている場合は
エクセルで集計し、グラフを書くことから始めよう。

エクセルに実装されている分析機能でも十分に知見を得ることができる。

現状の置かれている状況の把握を行うこと、可視化をした結果に基づいて仮説を立てるということ

立てた仮説をもとに施策を実施するということ

そういったプロセスを行うことが大切で、データ分析そのものはあくまでも手段であるということを認識してほしい。

まとめ

かつてのKKDは理にかなっていてビジネスの成功率を上げることができる。
しかしながら担当者が不在となってしまった場合は会社に対して大きな打撃を与えてしまうので仮説、検証、データ分析を取り入れることでマニュアル化を行う

プロセスを実行できる文化づくりに成功すれば、かつてのKKDにさらなる効果を与えることが出来る。

タイトルとURLをコピーしました